組織とは

8月 5, 2008

前3世代の表示の技術にとって、我が国は核心の技術に不足するのため“非核です”の痛みをなめ尽くして、産業の発展がかなり受動的なことを表示すります。レーザーは産業化の発展がきっと進級する我が国のために産業を表示することを表示すって、我が国のこの領域での核心の競争力を昇格させて1つの貴重なチャンスを提供しました。中国工学院の院士の範dian元は表しています:“レーザーは産業化の方向が正しかったことをを表示すって、レーザーはきっと産業化することを表示すって、ただ時間の問題。”di強も指摘しています:“中国がレーザーを発展して産業の優位が明らかなことを表示すって、生産の角度から言います:1つはレーザーは装備の投資が更に柔軟なことを表示すって、レーザーの光源のモジュールの設備の投資は数億から数百億まで元の人民元の階段は上昇することができます;2はレーザーの核心を表示するモジュールが非常の環境保護を生産するので、汚染していません。技術の角度から言って、レーザーの表示の技術は完全に数字を受け継いで美点を表示することができます;最も重要なのは中国がレーザーの表示の領域に完備している知的所有権を持つので、発展は国外の特許などの要素の影響を受けないで、抜け出すことができる前に3世代の表示の技術の発展の非難。”彼は、我が国はCRTテレビの大幅に発展する最盛期をしばしば経験しました後で、全世界テレビの製造の大国になって、ここから優秀なマーケティングの隊列、大規模化の生産能力、強い勢いの国内のブランドとルートを蓄積しましたとまた表しています。これらの優位の資源を利用して、強力に次世代が技術の支持を表示することに対して転化して、大いに私達が次世代で技術の領域の先導者の地位を表示することを促進します。
  範dian元は、現在2つの要素はレーザーが産業の発展を表示することに影響します:ひとつは技術の要素で、ひとつは市場が推進するのですと思っています。市場に入ってきっと量に行って、大量の大きいコストはようやく下がることができて、市場ニーズの駆動はいっそう技術の発展を推進します。レーザーの表示の技術の発展はデジタル・テレビの飛躍のおかげで、特にホームシアターのがレーザーテレビの産業に対する発展に興るのが1つの巨大な推進であるべきです。
  レーザーに直面して産業化がこの大勢を発展することを表示すって、中は中科そのためも意識して、中国は決して“次世代”の表示の技術を軽視することはできません。ただこのようにして我が国の民族が企業が国際と巨頭の競争を表示する中でようやく不敗の地に立つことを表示することを保証することができます。相反して、もしいいえ直ちに技術を産業に転化してリードして、市場がリードすることにリードするならば、我が国の家電メーカーと国外の会社あるいは連盟の体の間の絶え間ない特許の紛争は再度の出現を、我が国企業前に3世代の表示の技術の中で特許に不足するのためなめ尽くす“非核です”の痛みは再度を私達に伴います。 [転載は:レーザーネットの http://wwwから.lcgyjg.com%5D
  同時に、我が国のレーザーは産業化の発展のボトルネックも水面を浮かびだすことを表示すって、産業チェーンの完備と産業連盟の叫び声はますます大きいです。専門家がいくらかあって私達のこの領域での発展に対して心配を表して、中国工学院の院士の許祖彦は、レーザーの表示の技術のある中国、言うことができるのは研究の形勢がとても良くて、しかし産業化は足並みを発展して心配して、とても“起きるのがとても早いことが現れるかもしれなくて、”のこの種類のばつが悪い局面に着くのがとても遅くなりますと表しています。彼はそのボトルネックが主に両方で表現すると思っています:まず、歴史の原因のため下流の最終生産物の製造の我が国のカラーテレビの企業として、完備しているレーザーの表示する技術の鎖と産業チェーンを組織しにくいです。その次に、上流の企業として、研究と開発の力の分散のため、資金を研究・開発して不足に入って、レベルがまちまちなことをもたらして、低水準の繰り返しの建設は深刻です。これに対して、彼はレーザーを通じて(通って)ハイエンド、特殊な市場で(各類の工事を含みます)の模範を示す応用を表示するべきだと思って、市場ニーズを建造して、市場の規模を拡大して、そして上で各種の社会の資源、下流の領域の投入を動かして、完備していて熟しているレーザーを構成して産業チェーンを表示すります。同時、共同で、下流の領域の企業に行って、レーザーを組織して産業連盟を表示すって、そして十分に我が国の色の地域、均等な場が消えて肝心な技術と指標に関係があります方面の優位を利用して、関連している標準を制定して、我が国のレーザーのために産業の群が保護を提供することを表示すります。
  完備の産業チェーン、産業連盟を組織しますと同時、政府の大きな力の支持はなくてはならなくて、それは生産コスト、完備の技術の鎖などの方面を下げることに対して積極的な作用を果たします。di強対《中国の電子新聞》の記者は表しています:“産業の革新はいかなるひとつの単独の企業のすべて完成しにくい任務で、市場の圧力が国内をさせて企業のどうしても‘目の前を注視します’がなければならないことを表示すって、考慮に入れることができないのはあまりに遠いです。私達はだからもたいへん革新に対して推進して導くことを行う政府の部門があるなくてはなりません。”畢勇、政府の関連している部門の支持と組織もできるだけ早くローコストの一体化の全体の固体状態RGB光源、標準化の均等な場を突破するために消えて器具の部分品の大規模化の生産の技術と技術に関係があって、完備していて熟しているレーザーの表示する技術の鎖などの方面を構成して推進作用を果たすことができますとも表しています。

京都時間
macbook
転職
人材紹介会社ランキング
キャッシング比較
ダイエット
スペイン通信
サッカー
セレクトショップ
資格
ハリウッド
コーチング
キャリア
金融

レーザ技術

8月 5, 2008

レーザーは色が煌びやかで美しいことを表示すって、色の態度の能力は平板なテレビの2~3倍です;その寿命は平板なテレビの光源の10倍以上です;その生産過程は環境保護ので、廃水、排気ガス、ろくでなしの排出がありません。それ以外に、レーザーの光源の核心の器具の部分品は半導体の材料から構成するので、18ヶ月の性能はコストを1倍高めて半分に下がることができて、そのコストが潜在力に下がるのは巨大です。”北京大学の光電気の技術の教授のdi強は《中国の電子新聞》に記者をこのように教えます。この会社はかつて自主的に研究・開発して120インチのレーザーテレビを生産して、そして去年6月に北京の科博会はセンセーションを引き起こしました。   畢勇博士、赤・緑・青(RGB)の3原色のレーザーを光源のレーザーにしてその有色の飽和度の高さ(画像の色が更にあでやかです)のため表示すります、大きい色の地域(画像の色が更に豊富です)、高力、高亮度(大きいスクリーンを実現することができます)、つの向性が良いです、高い識別率(画像が更にはっきりしています)など優位、ますます業界を受けて関心を持ちますとも表しています。   国際専門の機関によって予測して、2007年に世界の平板な数字は製品の市場の増加が頂点を達成することを表示すって、レーザーは製品がなって市場の下で1ラウンドの増加の新しい動力を表示することを推進することを表示すります。予測しますによると、2010年の前後にレーザーの表示の技術は全世界で毎年の570億ドルの産業の規模を形成します。   国際巨頭は私の部分の技術の世界を研究・開発することを強化してリードします   “次世代”の表示の技術の競争の焦点として、SONY、松下、日立、東芝、三菱、EPSON、サムスンなどの有名な国際は巨頭を表示すって、次から次へとレーザーの表示の領域での研究と開発の力度を増大します。2005年から今なお相前後してレーザーテレビの概念の原型機を出す何軒もの会社があります。2005年の日本の愛知の世界博覧会の上で、ソニーの出現のとても大きいスクリーンのレーザーの映画も多い眼球を引きつけました。日本、米国、韓国、ドイツなどの先進国はレーザーの表示の技術の研究と開発を強化して、次々とレーザーテレビ、レーザーのプロジェクター、レーザーのデジタルの映画館などの製品を出して、そしてレーザーが産業化の発展を表示することを図って、全世界の次世代を強行占領して市場を表示すります。   中国工学院の院士の許祖彦は、日本、韓国は液晶の表示とプラズマの表示の領域ですでにリードする技術と市場の地位を得て、また次世代を技術の発展の方向が“レーザーの表示の技術”でロックすることに表示すりますと《中国の電子新聞》記者の取材を受ける時も表しています。米国とヨーロッパは平板な表示の領域で日本と韓国より遅れているため、積極的に新世代の表示の技術をねらっています―――レーザーは表示すります。表示の技術を捉えるためにモデルチェンジして持ってきた巨大なビジネスチャンス、各国はすべて“レーザーの表示の技術”の研究と開発と産業化の力度に対して増大しています。   我が国はレーザーの表示の技術の関心を持つことに対してもとっくに始まって、前世紀の80年代の末、レーザーの表示の技術はすでに我が国の“863”の計画に入りました。2002年に我が国はこの技術の領域で重大な突破を実現して、全体の固体状態のレーザーの表示の原理の原型機を出して、2003年に60インチのリアプロジェクターのレーザーの表示機を開発して、2005年に84インチのリアプロジェクターのレーザーの表示機を出して、最近また140インチの大きいスクリーンのレーザーに研究製作が成功して原型機を表示すります。これらの科学研究の成果は我が国国際に入るレーザーがカラーで技術開発のトップを表示することを示します。   現在、我が国のレーザーは特許が大体50数項あることを表示すって、およそ世界の特許の総計の30%を占めます。これらの特許はレーザーのシステムを表示する主要で肝心な一環と核心の技術に関わって、特にある共通性の核心の技術の領域―――大きい色の地域のレーザーの光源、均等な場は関係があって完備していること自主的に新機軸を打ち出す知的所有権を得たことが消えて、そして国際トップの地位があります。そのため、専門家の表示、我が国は自主的に大きい色の地域のレーザーの表示の技術を発展して国外の特許に束縛されませんことができます。   “次世代”の表示の技術の中で、材料から技術まで(へ)、レーザーの光源から画像のエンジンまで(へ)、我が国にすべて自主的に新機軸を打ち出す成果があって、ここから直しますとを前で3世代の我が国は産業の発展の受動的な局面を表示すります。先進的なレーザーの技術は未来のレーザーのために産業の発展が力強い保証を提供することを表示すって、同時に我が国のためにブランドが国際とブランドの競争が基礎を打ち立てたことを表示す
ることをも表示すります。

営業 求人
事務 求人
経理 求人
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
仙台市
埼玉 求人
名古屋 愛知 求人
CCNA
CCNA
転職サイト
福井 求人
大阪 求人

魔界で寝ます

8月 5, 2008

とても慌ただしくての、旅行は始まります。課程の実践は半分に上がって、慌ただしいのが~が逃げてきて当日の晩にとてもせっかちなのとお母さんが荷物を整理して、親愛なるひのとの大きいお姉さんのお手伝いをお願いして課程の論文を書いて、自分の成績簿を見た上に全てが意に添うわけではなくしかし扉は合格することができますが、どうしても私の先生の大人~学校のその他の事がすべて終わりますますと言えることに下へ感謝して、放すべきなのも結局は~この時を下に置いて、一回旅行して、最も適切に越えないのです。今度の旅行は私にとって更に乱暴で特別で、第1回は一人でパスポートの手続をして、第1回は外国旅行に行って、第1回はお父さんとお母さんを離れて旅行に行って、第1回、一人の荷物に持っていて、1つの完全によく知らない国家に向かいます。それでは多く第1回つむじ曲がりでの、今度のVoyageはとても特別な~が最近1ヶ月すべてどのように家に帰ることができ(ありえ)ることを運命付けて、たとえ家に着くとしても一日ただ居住するだけ。これは私について第1回で、疲れてきわめての小鳥のようで、体が勇気があって極限の感じに着きました。1は遅くよく眠っていないで、興奮するためではありません。最初、第1回が年が50の坂を越している両親を離れてはるばると海を渡ると思い付くためで、一人で旅行に行って、どうしても悲しいです。その次に、最近何週間の体の負荷の積み上げる病気の矢も盾もたまらないのはあけてきて、ひっきりなしのかわいがること。再度、心の中がいつも額を心にかけて何を連れましたを忘れるかどうか、いつもぼんやりした中ですぐに寝つくお母さんに聞きます:“……私に持ったように手伝いますか?できる事務を目指して事務ナビ営業事務の基本一般事務への道事務の仕事ナビ彼女を苦しめてもよく眠っていません。その後およそ一両の時間ごとに一回目が覚めて、ぼんやりした中お父さんは早朝が起きて、ぼんやりしているお母さんがぼんやりしている中で1つの“あの青を着ます”を言ったので、私のぼんやりとのは時間がまだ着いていないことを感じて、聞きますと、やはり、ちょうど5時(点)、さらに多く1会に寝ます。そこで……またぼんやりしているのは気が遠くなって20分の~5.20まで着いて、お父さんは半分人事不省の状態があることを私は呼び覚まして、私にその前の1日間晩に寝るのがあまりに遅いようにとがめて、語気の中でところがいっぱいのかわいがること。私の速くて素早い足のは片付け終わって、朝食のすでに盛りだくさんの振り子は机の上にあります。牛乳は卵、汁(湯)かけ飯、味噌(醤油)漬けの野菜を煮込んで、中隊の塩漬け卵について殻にむき終わって、2つのCheeseのカステラがまだあって、すべてお父さんがその前の1日間8時過ぎわざわざ私にお金を出して買ったように手伝うのです。食べたのが支えるのははっきりしています。食べ終わって、お父さんは私に荷物に持っていて降りるように手伝います。車はまだ着いていないで、保安のおじさんはあってそこにひたすらの誇りのひけらかしている自分の息子、私が私の両親のこのような誇りを一度も過ぎてないことと思い付きます。7時(点)、車は来ました。お父さんは私を乗車に送ります。突然思い付いて、上の階が家を離れる時、また私が至らなくてと一夜のお母さんを苦しめて別れの挨拶をします。彼女は今また熟睡しています。考えていて、車はもうすぐつけます。お父さんは車のドアを閉じて、今日彼はまだ出勤しなければなりません。別れを告げて、別れます。車のドアの閉じたのそれでは一瞬のそれでは、突然涙を落とします。両親の借金、息子の身は永遠にすべて償いきれません。

愛知 求人
経理
経営コンサルタント
転職サイト
港区の住所情報、郵便番号一覧
不動産関連ブログ
tcpip
仙台求人
愛知転職夢気分

印象

8月 5, 2008

金生華:これは私にとって私の印象の深いのは私が彼の組織の仕事は恐らく一部の意見あるいは何ですに対してためそうではないかもしれなくて、1つの世界博覧会の組織者とするので、特に1つの国際展示に参加する部の1人の員として、私に自分の手元(体)に引き受けたいくつか責任を感じさせて、引き受けたいくつか義務、私達が外国人が上海に着きましたようにスペインに着いたため、彼は実は言葉が通じないで、彼も身内は何もなくて、彼も頼ることができることは何もなくて、彼は世界博覧会の組織者が彼らに持ってくるのが便利なことを望んで、仕事の上だけでないこと、あります生活の上、これはそんなに彼らから私は私達が多くのものを習うことができると思って、私達はどのように他人の身になって外国側の考慮で、来て彼らに展示に参加するサービスの仕事をしっかりと行って、本当に上海世界博覧会を1期の成功になって、すばらしい世界博覧会が忘れ難くならせると。司会者:それではあなたはまずあなたの出会った1件の事をみんなに分かち合うので、あれはたくさんあなたの互いに類似した従業員とそれぞれの国家から来たのではありませんか、すべてそこの大雨が激しく降る中で並んでいるので、取り扱うことを待っていますか?金生華:はい。司会者:あなたの職業の角度から出発してつまりこれらについて展示に参加してつがどのようですか展示に参加してサービスすることに提供しにくるかもしれなくて、また私達の参考にしなければならない1時(点)です。これは私に去年も夏の時にあなた達の部長に対してだと思い付かせて、世界博覧会局国際展示に参加する部部長の徐波の1つの取材、彼は私の言ったひと言に対して、彼は私達が今揺れ動いて働いてすでにほぼ終わりまで(へ)入ると言って、すでに展示に参加しにくることを願う多くの国家があって、そんなに次に最も重要で、彼が仕事の重さがつまりこれらの展示に参加する国のサービスをしっかりと行うと感じるので、この可能性あなたの話及んだ1つの体得したこと。金生華:正しいです、私達は展示に参加することつの私達とするサービスの対象べきですを、言うことができて彼を神にして、来て彼に対して展示に参加するサービスの仕事をしっかりと行います。司会者:良くて、これはあなたがあなたの自分の仕事の1つの最も深い体得したことを結び付けるので、あれは私があなたが帰って来ると思った後に間違いなくでしで同じ職場にいて分かち合うことを行います。金生華:正しいです、私達は報告を書いて多くの交流を行いました。司会者:それでは私達は今この期の世界博覧会に対して1つの全面的な紹介をしたくて、みんながその美点を少しすきにくるのは何で、それはどれらの方面で私達にまだ参考しなければならないにきて、あれは私があなたを聞いてそれの最大の1つの美点がテーマの演繹に対してそうですかだと言いますか?金生華:はい、スペイン、まずみんなはスペインが高迪の故郷なことを知っていて、彼はあれらのテーマについて演繹して、特にあれらの展示館に対する建設、展示館の革新性を含んで、含んで展示館の対話の上にたくさん私達の学習の地方に値することがあって、サラゴサの世界博覧会は全部で3つのテーマの展示館があって、6つのテーマ広場がまだあって、彼があれらのテーマが演繹する上に言うことができるのは本当に独創的な工夫がこめられていて、私達の学習のに値します。司会者:あなたは先に少し待って、テーマは演繹して、ずっともし私達の番組の聴衆の友達を聞いてわかることができるならば、もしあれはあなたは偶然ラジオを開けて世界博覧会のテーマを聞いて少しようにあまりに専門を演繹するのだならば、実はどういうことですか?つまり毎期の世界博覧会はすべてテーマがひとつあって、2010年は都市が生活を更にすばらしくならせることで、それではこのスペインサラゴサの世界博覧会は水と持続可能な発展で、あれは私は水と持続可能な発展が実は1つのとても味気ないのがあるいは1つの概念性のものなのだと感じて、どのように来てこの概念を展示館に通して、展示しますを通じて(通って)、いくつか展示物甚だしきに至ってはいくつか設計を通じて(通って)、甚だしきに至ってはいくつかは活動して体現しにきて、この可能性はテーマは演繹してそうですか?金生華:はい、彼はテーマが過程を演繹する中で彼はいくつかテーマの展示館があって、いくつかテーマの広場があって、私に印象の比較的に深いテーマの展示館を残してまず彼が橋梁館がひとつあって、サラゴサ市は実は上海市とまた像のをまっすぐに伸ばして、それは1本の埃布羅の川があって、サラゴサ市を横切って、サラゴサを感じて浦東の浦西のこのような感じがあります。司会者:サラゴサの東、サラゴサの西。金生華:正しいです、それからその中のある世界博覧会の主な入り口、それは埃布羅の川でのでその他に一方では、それは1基の橋梁を通じて(通って)それをつながり始めて1つの世界博覧会の主な通路になって、その自身、この橋の自身は1つの展示館で、それは1つの展示の過程で、人々はそれからこの橋上の歩いたことがある話も実はテーマに対する1つの理解で、テーマのひとつに対して演繹します。司会者:私はこのピクチャーを見たことがあって、設計するのがとても巧みで、つくったのもとてもきれいで、近代的な感じを満たして、これは1本の川で、それは川の向こう岸で先に1本の橋をつくることを始めるので、しかしこの橋は1つの建物の形式で、頂のを持ちます。金生華:それは1つの閉鎖的な式ので、それの自身が言うことができるのは1つの展示館で、人々がこの橋を横切るのは埃布羅の川を横切りましたのに等しくて、それから更に世界博覧会園区に到着しました。司会者:え、このように1つの狭くて長い展示館、実は1本の橋で、そんなに全体ですに入り口の1から中へ入っていくのが橋の概念がひとつありますのに等しくて、それでは橋と水はとても密接な関係があったのです。金生華:はい、それからあります1つのテーマの展示館が私に深い印象を残すのがそれが給水塔がひとつあるので、1つの76メートルの高い建物、それは言うことができてそれ世界博覧会が終わった後でサラゴサの1つのシンボル的な建物になって、その内部はとても独特で、こんなに高い1つの建物、その内部は階層がないので、それは完全に1壁は建てる螺旋の歩が言って1歩ずつ上へ歩いたのです。司会者:歩いて上がりますのか?金生華:はい、私は前回一回の大概の半分の時間を歩いたでしょう。司会者:76メートルは歩いて上がって、それではエレベーターがありませんか?金生華:それはエレベーターがなくて、エレベーターはいくつか身体障害者といくつか老人のためにただ用意するだけ、それから内部の唯一の1つの製品は数十メートルの高い1つの水滴に達するので、ひとつたいへん巨大な水滴、次に3つの巨大な円形のプールがあって、まるでこの水滴は垂らしてこの円形のプールに入って、プールの中で展示のは生命に対して水に対していくつか人類で、水は全体の世界の重要性の理解のいくつかアニメーションあるいはいくつかVIDEOのこれらの感じに対して。歩いて上がる9百メートルの旅、一層ごとにいずれもいくつかの小さい展示があって、例えば一部の展板、あれらの展の板の上で表示のは心臓を聞いて脈打って、人に感じるのは水が生命の源なので、それはありますあなたにいくつかオォーターベッドを経験させて、それはあるいは水滴の同じこれらのピクチャーの展示に類似するいくつかの異なった円柱の形のがあって、それから最高の層まで(へ)後であなたは全体の世界博覧会園区のシーンを高い所から見下ろすことができて、だから私がそれはこれが演繹して給水塔を叫ぶと感じると言って、とても独創的な工夫がこめられています。司会者:設計もとても巧みです。あなたをそのように聞いてそれがこの世界博覧会のシンボル的な建物だと言って、つまり後で取り除いてしまわないので、そのまま残りますのか?金生華:正しいです、この給水塔は保留することができ(ありえ)たので、その上この給水塔は私によってそれの内部を感じてあまりオフィス・ビルのをすることができないかもしれなくて、それは1つのシンボル的な建物になって、将来観光あるいは全体の世界博覧会の残す1つの記念とするようにしましょう。司会者:え、このような方式で私達に水と私達の間の関係を教えて、および水と人類の歴史、間違いなくいくつかマルチメディアの演繹する方法を運用するのです。これのようで少しシンボル的な建物のようで、たとえばパリのエッフェル塔のようです。金生華:同様にベルギーの原子のボールがまだあって、それが世界博覧会として後でこれが都市のシンボルで、世界博覧会のシンボル。世界博覧会の都市に持つ贈り物。司会者:これはあなたの話及んだことまた1つの独創性があるテーマ館です。金生華:それのその中は6つのテーマ広場がまだあって、それぞれ水が、水の城、水の極端性、郷里のエネルギーと水、水の共有と水の啓発に喉が渇いていて、私に印象の比較的に深いことを残すのは水がこのように1つの展示館に喉が渇いていて、それが全部人前のを積み上げるのが1つの塩山なためです。司会者:塩、食べる塩の塩か?金生華:正しいです、どのように喉が渇いていたことを釈明して、あなたの第1反応は塩かもしれなくて、塩はあなたにのどがからからになっていると感じさせて、それが中へ入っていくのは後でまず1段のとても大きい大きいスクリーンのアニメーションで、中は世界でそれぞれの都市のそれぞれの地区ののどがからからになっているいくつか現状で、あなたにいくつかの直接の視覚の衝撃をあげて、更に中へ入っていって後で多少インタラクティブなことができ(ありえ)る砂の脈打つこと、砂も砂漠ののどがからからになっていることこのように1つの過程を表すのだかもしれないため、人と対話を行って、全体の展示館が言うことができるのは彼がひとつを人の視覚に結合に衝撃してインタラクティブでいっしょにいるので、これは喉が渇いて、水は生命の源で、水は更に複製してはいけないこの概念が完全に注ぎ込んで見学者にあげたので、言うことができてそれ全体のテーマをそれとも演繹します比較的に良いです。司会者:見終わった後に節水するのがとても重要だとと感じます。司会者:とても如実なのがあなたに教えにくるので、これも実はこのテーマの水と持続可能な発展に合ったので、肝心な点は続けることができる発展で、これはあなたの話及んだテーマの演繹で、結論的に彼らが最も美点のを備えるのがあるいは長所の地方なので、あなたはさっき設計の上でこれらの施設をも言って、私を含んでいくつか建物を見るのはすべてたいへんきれいです。金生華:まずそれが私に比較的に深い印象のを残すのがそれが全体の1つの日光を遮る日覆いがあるので、日光を遮る日覆いの自身はそれは1つの芸術の形式でで、ひとつの画布のように、全体のサラゴサのあの最も主要な通路の間で引き延ばして、それは感じて段階の上がり下がりの画布がひとつあって、して日光を遮って、自身の1つの展示ともして、私はとても独特にその上とても明らかにこのようにするのが1つの日光を遮る日覆いのその建造費と費用そんなに高いとと感じます。司会者:どうしてか?金生華:それはとても簡単ないくつか建築材料のですため、日光を遮る効果があって、また1つの芸術の展示でしょう。司会者:え、会期を考慮に入れるのが6月14日から9月14日までなためです。金生華:正しいです、とても熱くて、スペインの日光はみんなもとても強烈なことを知っていて、私達があちらまで(へ)帰って来てもすべて日に当てます暗くなりました。司会者:これも1つの考慮の比較的に巧みな1時(点)を主催するので、比較的に周到な1時(点)、そのようにするのが比較的に良いはみんなのに紹介して、1回りは実は前に上で私達は世界博覧会をして時の目的を行います時、世界博覧会の経緯の中で聴衆の友達と一緒に世界博覧会を紹介しているのが結局何を見るのですか?未来を見て、例えば未来の1つの発展の勢い、肯定してこの世界博覧会の上にもあって、例えば未来の水と人類の関係、この方面のいくつか展示がもあります。金生華:はい、世界博覧会は何を見て、主にすべての国家の展示館はまるであなたですまで(へ)この国家に来たので、私に印象を比較的に深いことを例えばドイツ館の中をあげて、ドイツの館内部が1本の像の小川を掘ったのは同じで、人々はその電動の船に乗って、船上は彼がドイツ人が水にになることを見る方面の応用に乗って、その上それは未来水のどのような処理のどのような応用に対して、あなたはすべてこの船上で身をもって経験することができて、世界博覧会は人々は異なっている国家に行って同じではありません文化の同じではありません生活の方式を体験します。司会者:文化を見て、未来を見て、科学技術を見て、世界を見て、十分に国都の城門を出ないで世界各地、それぞれの国家のいくつか特色を見ることができます多い。金生華:上海世界博覧会のの私達のようで今すでに209が展示に参加することがつのあったため、それから私は普通の人のこの生涯があまりそんなに多い国家あるいは地区に行くかもしれなくないと感じて、世界博覧会まで(へ)あなたに1つの全世界の周遊に来させることですに等しい。司会者:はい、全世界の周遊、だからみんなの1つの期待だと言って、そんなにさっきたくさん見ることがいると言って、未来を見ます、科学技術を見ます、世界を見ます、文化を見ます、これは実は世界博覧会はみんなのに持つことができて、このスペインサラゴサの世界博覧会はそれでは私達はさっきみんなにいくつか紹介して見るので、この世界博覧会の紹介を通じて(通って)聴衆の友達に将来の例えば2010年の上海世界博覧会のいくつか内容を理解しにくるの憧れますかますだにきて、多くの人が世界博覧会を見たことがないため、知らないかもしれません。金生華:あなたに1つの視聴覚な印象をあげます。司会者:それから組織者とするかもしれないことから言って、あなたがさっき同じく話及んでそれとも参考にしにくることができるいくつか経験と教訓があるかもしれなくて、いくつかサービスがあなた達に身分証明証をする時例えばみんなをそんなに長いチームに並ばないでくださいを除いて、またそんなに大きい雨をおりて、外はいくつかのどのような感銘がまだあります。金生華:私は1つの開幕式の例を挙げることができて、サラゴサの世界博覧会も埃布羅の川岸前にで、それからそれは埃布羅の川の側で1基の氷山をつくって、それは開幕式の大規模の公演の場所のとするつもりで、しかしとても器用なのが私達が行ったのになった後に、地元の人は私達に50年の会っていないサラゴサの雨季なことを教えて、サラゴサが比較的に乾燥しているため、しかし私達の行ったその日にそれはずっと雨が降って、それから埃布羅の川の水位は上昇して、それは開幕式の本来の場所観衆席てもよいです音響の設備てもよいですを、すべて流し落として、その前の1週間サラゴサの世界博覧会の組織者はその時になってその他に1つの場所を交換することを決定して、いくつ(か)の番組をその時になってかき集めてサラゴサの世界博覧会の開幕式として、それは比較的に単調で冗長で、番組はそんなにすばらしくありませんて、それでは実は私達の上海世界博覧会にとって個が参考にするので、私達も黄浦江があるのなため、私達は、これらの大型の活動の試案、前は私達はあるいは開幕式がその日にも雨が降るかもしれないどのような方法があることができ(ありえ)て、誰がすべて知らないで、これらの活動はどんな試案が或いはどのようにそれの試案にすばらしくなってこさせることがかあってか、私は私達にとって1つのきめ細かい考慮に値する1つの事だと感じますともちろんその時どのように言いました。司会者:リスクから用心してもよくて、あるいはあなたの言った試案のようで、前にいくつか情況を予想するかもしれなくて、気候は多方面のを待って、可能性は多く何セットの試案をして出てくるのですとどのように言います。金生華:私達が行く時1種の学習に行く態度があって行ったので、それの良いものを私達は学んで帰って、それの不足の経験、その教訓は私達はそれを1つの課程にして彼らを連れて帰ってみんなと一緒に上海世界博覧会の中で同様な誤りを犯すことを免れます。司会者:あなた達の最も主要なのは何をするのですか?金生華:私達はいくつか主に上海のヘルプデスクで、中国館の従業員とするので、私達の徐波部長から隊を率いて、私達の5人は王暁帆がいて、賀麗華は私がまだいるつぼの海があって、私達の行ったのが主に働いて2つあって、いっしょにいくつかの展示に参加するサービスの仕事をするので、世界博覧会をするため、愛知は甚だしきに至っては更に早いハノーバー、サラゴサ、上海がすべてこのようにいくつかの人なのなのに関わらず。司会者:彼らの現地はすべてこのようにいくつかの人ですか?いくつかの専門の人はしていますか?金生華:正しいです、すべて専門の人で、私達は以前は彼らの更に多くの交流とEMAILとを通じて(通って)電話を通すので、それから私達はサラゴサが彼らのある時向かい合った対話ことができますとまで(へ)、私達は今度とても多い収穫があって、私達はとても多い報告を書いて、いくつかの前で思い付いたことがないかもしれない問題を解決して、これは主に展示に参加してひとつこれにサービスしたことをするのです。第2つ私達は上海の世界博覧会局としてサラゴサの世界博覧会の1つのウィンドウの1つのプラットフォームにになるのだかもしれなくて、全体の世界に上海世界博覧会を推薦・紹介して、上海世界博覧会を宣伝します。司会者:そんなに宣伝のこれのいっしょに一部のどんな体得したことを進めていますか?金生華:まず多くの見学者、スペインは92年のセビリアの世界博覧会を催したことがあるので、これらの見学者が世界博覧会に対して見学してたいへん経験があって、彼らは上海世界博覧会を聞いて、彼らはすべて上海世界博覧会に対してたいへん興味を持って、私達が中国館の入り口で2つの巨大な海宝を放して似ているため、とても多い子供はたいへん海宝と相当を行って照らすことを願って、彼らも私達の上海世界博覧会に対してとても大きい情熱を表して、彼らが上海世界博覧会に参加しにくることを願うとも表して、上海世界博覧会を見学しにきます。司会者:あなた達あちらまで(へ)材料を持って、情況を調べます。金生華:正しいです、上海の全体の都市の発展を理解して、私達の彼らの上海世界博覧会に紹介する規模の時に、上海世界博覧会の今の情況と上海の発展の時、彼らはすべてとても驚きも非常に興味があってくる上海が世界博覧会を見学すると表しています。司会者:実はこの角度の上から上海世界博覧会も1つの展示で、世界に自分の1つの機会を展示しにきて、一方では私達の国民に世界の各国の文化を知ることができて、いくつか科学技術、外に私たち自身の1つのウィンドウを展示するのです。そのように展示して全体の園区の展示を除いて、建物の展示、全体の国力の展示は都市建設を含んで、各方面のハードウエアのをも含んでソフトウェアのがまだあるかもしれません。これも実は私達のみんなの今後の1つの仕事の重点で、あなたのすべての人を含むのはすべて代表です。金生華:正しいです、私達が出て行く時とても具体化のは私達が上海世界博覧会の宣伝のイメージ大使なことを形容して、私達のしたすべては宣伝の上海世界博覧会を推薦・紹介するのです。司会者:正しいです。一方では参与して、一方では呼びかけます。私はあなたの番組をしにくる前も多くの仕事をしたのなことに気づいて、いくつか数字をした上の対比はそうですか?金生華:はい、みんなと各方面から説明しにくることができて、ひとつは時間の上にで、サラゴサの世界博覧会は3ヶ月で、6月14日~9月14日、上海世界博覧会はみんなはすべて184日あることを知っていて、6ヶ月あります;サラゴサの世界博覧会の園区が面積を展示するのは25ヘクタールで、上海世界博覧会は328ヘクタールまで達します;サラゴサの展示に参加する国家と国際組織を含むのは108で、上海世界博覧会が今なおまですでに209ありました;サラゴサの世界博覧会は見学人数が00~900万だかもしれないと予想して、上海世界博覧会はみんなはすべて見学者を予想する7千万のがあることを知っていて、これが全体の規模の上で私達を含んで外国側にこれらの情報を提供するのです時、彼らはすべて1種のとても驚く表情を感じて、私達の世界博覧会の規模が確かに彼らより大いに多くのため、展示の内容は展示に参加する品質を含んで同じく彼らに比べてある程度高まることができ(ありえ)てもよくてもよくて、私は感じて、いつも1期対1期はもっと良くなることができ(ありえ)ます。

営業 求人
事務 求人
経理 求人
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
仙台市
埼玉 求人
名古屋 愛知 求人
CCNA
CCNA
転職サイト
福井 求人

Hello world!

8月 5, 2008

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!